機能紹介

お客様の施術サービス内容をクラウド上のカルテに記録します

  • LINEで送る
お客様の対応履歴-カルテ

カルテについて

カルテの一覧表示(タイル表示)

過去のカルテ(対応履歴)を表示している様子です。表示モードは3種類から選ぶことができます

カルテの言葉の意味は、ドイツ語で診療録の意味です。
しかしReinでは大きく意味を捉えて、「お客様の施術サービス対応の記録簿」となります。

カルテを作る目的

カルテを作ることで得られるメリットは、一人一人のお客様の、施術・サービス内容を体系的に記録できることです。
カルテを作る目的が「施術・サービス内容を記録」することであれあば、紙と鉛筆でも記録できます。
または、Excelなどのソフトウェアで管理する方法もあります。
いずれの方法でも、カルテの管理は可能ですが、Reinを利用することで紙や鉛筆、もしくはExcel等のソフトにはないメリットがあります。

体系的に記録できます

カルテの作成、管理に特化したシステムのため、体系的な管理が容易になります。
クリアファイルごとにお客様を分けたり、日付ごとで分けることを手動でやるのは手間がかかります。
Reinを使えば、例えばあるお客様が前回、前々回(あるいはもっと以前)どのようなサービスを提供したのか。瞬時にわかります。

カルテ上に写真を何枚でも残せます

1枚の写真は1000の言葉に相当します。ネイルサロン等において、施術前と施術後の写真を残しておいたり、または施術の工程ごとに写真を残しておくこともできます。
写真を撮影することは誰でも簡単にできます。シャッターを押すだけです。
しかし日々増えていく写真を、効率よく、体系的に管理するのは難しいことです。
Reinはカルテに写真を添付できるため、カルテと同様、写真も体系的に管理可能になります

テンプレートが自由にカスタマイズできます

お客様対応履歴

カルテ(お客様対応履歴)の作成画面です。対象のお客様、物販・サービスの登録と、施術内容を記して保存します


お店によって、カルテに使用したい項目は様々です。例えば写真を2枚(術前/術後)カルテに載せたいお店もあれば、写真は使わないお店もあります。
予め選択肢を準備しておき、選ぶだけの入力方式などもあれば、日常のカルテ作成がずっと楽になります。
Reinではカルテを様々な形に自由にカスタマイズすることができ、お店にとって最適なカルテを提供できます。

全てのデータはクラウド上に保存されます

カルテに限らずReinのデータは全て等しく、クラウド上に厳重に保存されます。クラウド上に保存されることで、利用者がデータのバックアップに苦心する心配がなくなります。
バックアップをしなくても、PCの破損、盗難、紛失といったリスクを、クラウドという仕組みが回避します。

PC・タブレット 様々な機器からアクセスできます

データがクラウド上にあることで、様々な機器でReinを利用することができます。
複数台のPCから同時にアクセスしたり、外出先にタブレットからReinにアクセスしたりすることができます。
特に訪問型のサービスにおいては、強い味方になりえます。

  • LINEで送る

Reinを始めよう

Reinは無料で今すぐに使い始めることができます。
さぁ、実際に動かしてみましょう。
推奨環境は[PC][タブレット]です
ブラウザはGoogle Chrome / Safari / FireFox / Opera で動作を確認済みです。

*IE / Microsoft Edgeは動作対象外です
*スマートフォンは画面サイズ的に操作性が低く非推奨です

Reinを起動