操作ガイド

商品・サービスの登録

  • LINEで送る
商品リスト

カルテ作成時に利用できる商品・サービスを登録しておきましょう

お店で販売する物販・技術

大きく分けて

  • 物販
  • 技術

の2種類に分かれます。それぞれの違いに明確な境界線はありませんが、大まかに次のような分類分けになります
物販は、実際に販売できる商品・モノ・道具。
技術は、お店で提供されるサービス・技術。

このように、2種類の分類がありますが使い方はほとんど同じです。
また、物販・技術を総称して「商品」と呼びます。

商品の登録

メニュー>商品管理(物販)または商品管理(サービス)から商品の登録が可能です。

商品の登録画面

商品の登録画面の様子。物販・技術とも同じ画面レイアウトです。

物販・サービスそれぞれに分類を作ることができます。
「物販・サービス」が大分類とすると、それぞれの項目に指定できる分類は小分類になります。
上記、画像の例では、サービスの中に「Basic」「set」「その他」という小分類が登録されています。

入力する内容

入力内容は

  • サービス名(物販名)
  • 分類
  • 税込み金額

です。
税込み金額は半角で入力してください。また、カンマは入力できません。
商品は必要に応じて並べ替えが可能です。↑↓アイコンをドラッグして操作可能です。

登録した商品をカルテに使用する

商品リスト

登録した商品リストは、カルテの作成画面で呼び出すことができます

カルテ作成画面において、メニューボタンを押すことで登録した商品一覧を呼び出すことができます。
画面左半分に「物販」画面右半分に「技術」の商品が表示されます。
目的の商品をクリック(タップ)することでカルテに商品を追加することができます。

カルテに商品をセット

カルテに商品が登録されました。

登録した商品の金額などは、カルテの作成毎に自由に変更できます。お客様によって金額が変わるような場合に便利です。

簡易機能であることを忘れないでください

Reinはお客様対応履歴の管理がメインです。販売管理ソフトのような機能は有しておりません。
商品はお客様が前回どのようなオーダーをされたのか、簡単に入力ができ、簡単に確認ができることを目的としています。
そのため、租税の計算や税別表記といった機能はありません。

  • LINEで送る