操作ガイド

オリジナルのテンプレート

  • LINEで送る
お客様の対応履歴-カルテ

Reinでは、顧客名簿・カルテのテンプレートを自由にカスタマイズすることができます。
顧客名簿・カルテともに操作方法は一緒です。

必要な項目を選んで、オリジナルの顧客名簿にする

あなたのショップにとって、必要な項目はなんでしょうか?
一般的に必要と考えられる

  • 名前
  • ふりがな
  • E-mail
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • 誕生日
  • 性別
  • 担当者
  • メモ

は、最初から用意されています。
上記の項目はシステムで制御されており、完全に削除することはできません。しかし不要であれば必要に応じて、非表示にすることが可能です。
項目名を自由に変更することも可能です。例えば、「名前」の項目名を「氏名」にする事ができます。
これは一般的な項目ですが、各サロンや、経営方針により他にも入力したい項目がある場合、新しい項目を追加してオリジナルの顧客名簿にテンプレートを書き換えることができます。

顧客名簿の項目を編集する

顧客名簿の項目

顧客名簿の項目です。項目名を「保護者氏名」にした様子。左側が項目の編集、右側が実際に入力時に表示されるプレビューです


「+」ボタンをクリックして項目を1つ追加できます。各項目は顧客名簿のテンプレートを構成する部品です。
各項目は

  • 項目名

を持っています。例えば上記の写真の例では、

  • 項目名:保護者氏名
  • 型:1行テキスト

となっております。

項目名について

項目名は、実際にお客様の情報を入力する際、見出しとして表示されるものです。型によって、表示される位置が変わることがあります。
また、入力済みの顧客一覧画面においても同様に、項目名が使用されます。
項目名はいつでも自由に変更することが可能です。

型について

型は、1行テキストのほか、画像、選択肢、チェックボックスなど、様々な種類があります。

利用可能な項目の型

Reinで利用可能な項目の型一覧です。型によって特性が異なります


それぞれの項目について詳しくはこちらを参照して下さい
項目の型は、一度保存すると「ロック状態」となり、以降、型の変更はできなくなります。

不要な項目を非表示・削除する

不要な項目の削除

不要な項目は非表示・削除することで、無駄を省きます


項目の横にある「ゴミ箱」アイコンをクリックすることで、その項目は非表示になります。
非表示にすることで、入力や参照時に表示されなくなり、通常利用時において削除と同じ状態になります。
非表示の項目は、削除済み項目を確認するボタンをクリックすることで表示されます。

項目の完全な削除

項目削除時の確認

項目を削除する際、再度確認のメッセージが表示されます


通常は、非表示にしておくだけで事足りますが、完全な削除を希望される場合、完全に削除ボタンをクリックすることで削除することが可能です。
注意点として、すでにお客様を登録した際に入力してしまった項目は、お客様の情報としてそのまま残ります。お客様の検索は全文検索によって行われるため、すでに削除された項目も検索の対象として含まれてしまいます。

削除できない項目

氏名や住所など、最初から用意された項目はReinのシステムが利用する項目であり、削除できません。

項目の並べ替え

各項目は自由に並べ替える事ができます。↑↓アイコンをドラッグして、順番を変更して下さい。
並び順が変わることで、入力の際の順番が変わります。
併せて、入力済みのデータを表示する際の順序も変わります。

  • LINEで送る

Reinを始めよう

Reinは無料で今すぐに使い始めることができます。
さぁ、実際に動かしてみましょう。
推奨環境は[PC][タブレット]です
ブラウザはGoogle Chrome / Safari / FireFox / Opera で動作を確認済みです。

*IE / Microsoft Edgeは動作対象外です
*スマートフォンは画面サイズ的に操作性が低く非推奨です

Reinを起動