News

Reinに最適なデバイスについて考察

  • LINEで送る

この記事はReinの開発者が、開発者の目線から見た「Rein」の最適な環境について考察してみた記事です。私見であることをあらかじめお断りしておきます。

Web Appは様々なデバイスに対応する

Webアプリというものは、その名の通りWeb上に展開されたアプリケーションソフトです。
(多くは)Webブラウザ上で動作し、データはクラウドサーバ上に保存されます。
Reinも例にもれず、上記の通りにWebブラウザ上で動作し、データのすべてをクラウドサーバ上に保存しています。
必要に応じてお客様のデータをクラウドサーバから利用者の端末へロードして、端末上でデータが展開されます。
Webブラウザを搭載したデバイスであれば利用できるのが、Webアプリの最大の強みといってよいでしょう。
しかし今の時代、Webブラウザを搭載したデバイスは星の数ほど存在し、すべての端末で動作確認することができないのが現状です。

iPodのような小さなデバイスから、iPhone/Android Phoneに代表されるスマートフォン・一回り大きいファブレットやタブレット、そしてPCと、様々です。

八方美人になりきれるか


全てのデバイスに対して最適なユーザ体験を返せるシステム、まるで八方美人のようにどの端末でも使えるWebアプリはそこまで多くないと思っています。
スマートフォンとタブレットではディスプレイのサイズが異なりすぎるし、タブレットとPCでは操作性が大きく異なるので、すべてのデバイスで最適な操作性を
見出すのは難しいのです。
例えば日付入力1つとっても、スマートフォン・タブレットではスワイプでカレンダーをめくったり、スクロールで日付を選ぶ方が使いやすいですが、
PCでは逆にそのような操作は害悪です。
利用する端末に応じて、プログラムを変えるべきですがそれは予算・開発期間などの問題からトレードオフの壁が立ちはだかります。

Reinにとって最適の環境

さて、前置きが長くなりました。Reinを利用する上で、もっとも最適なデバイスが何なのか、開発者の視点(私見)からお話します。

最適なブラウザ

まずReinプロジェクトの開発環境として、Google Chromeを中心に開発しています。
他のFireFoxやOpera、Safariなどでも最終的な動作確認はしますが、Google Chromeで動作することを条件に開発が進められるため、ほかのブラウザは開発・テストの優先度が落ちます。
よってReinにアクセスするブラウザはGoole Chromeが最適です。
なお、2018/03月現在、IEの全バージョン、Microsoft Edge上ではReinが動作しないことが確認されており、両ブラウザからアクセスした場合、ブラウザを変更するガイドが表示されてプログラムが終了するようになっています。

最適なディスプレイサイズ

前提として、スマートフォンからのアクセスは想定していません。ディスプレイが小さすぎます。
開発には Macbook Pro 15inchを中心に利用しており、開発者は15インチのディスプレイで操作することを前提に開発しています。
動作確認として、9インチ程度のタブレット~23インチのデスクトップPCでの動作確認もおこなっており、この範囲であれば問題なく操作できます。

最適なデバイス

ReinはPCからの利用を前提とした側面と、タブレットからの利用を前提とした側面がある、少し独特な立ち位置のソフトです。
文字入力はキーボードがあるPCの方が優れており、イラストや写真アップロードなど、メディア回りの処理はタブレットの方が優れています。
特にお客様の施術前後の写真を残すような場合、タブレットで撮影してすぐそのままカルテに載せられる利便性は、PCにはとてもできません。
どちらが重要かはReinを利用するお客様次第ということになります。
写真を多く利用するのか、文字を多く利用するのかで、PCかタブレットか、変わってくることでしょう。

総評

タッチペン入力

surface pro4とタッチペンを使ってサクサクと手書きのメッセージが残せます。もちろん、イラストもOK


一番最適なデバイスはSurface Proが最適と考えています。
実際にSurfaceでReinを利用したとき、便利に感じた点が多数ありました。

  • キーボードが使える
  • ペンが利用できる
  • カメラが使える
  • 持ち運びも容易である

以上、長々と書いてしまいましたが、Reinをご利用になる際、開発者が私見で考える最適な環境についてでした。
*これは開発者個人的な考えです。

  • LINEで送る